幼稚園型認定こども園 学校法人壬生学園 おもちゃのまち幼稚園 | 栃木県下都賀郡壬生町

幼稚園型認定こども園 学校法人壬生学園 おもちゃのまち幼稚園

生まれてから6歳くらいまでの乳幼児期に人生の基盤はつくられます。幼稚園教育は人間の一生の土台となる基本的成長を確かなものにする大切なものです。
  • 乳児期(0~1歳)

    基本的信頼感を培い、親愛の心を育てる時期です。
    母親に抱かれ、母親の身体のぬくもりと匂いの中で安らぎを得、強い絆を結びます。
    たっぷり愛されて積み上げられた基盤ができてこそ、人を愛する心が育ち、次のステップへ進むことができるのです。

  • 幼児前期(1~3歳)

    乳児期に培われた信頼感に支えられ、母親から離れて少しずつ「自分自身」が芽を出します。
    何でも自分でやりたがり、模倣の範囲がひろがって、ことばもつぎつぎに覚えます。
    この時期には、幼稚園で行われている親子教室などに積極的に参加してみましょう。

  • 幼児後期(3~5歳)

    いよいよ幼稚園!
    自分のことは自分でできるということ(自立)とそれを自分の意思で実行できるということ(自律)に 喜びと自信を得、「自分自身」がたくましく育っていきます。
    さらに、あふれる好奇心を満たしながら自由に活発に遊ぶ中で、自分で何かを成し遂げようとする意欲(自発性)がめざましく伸び、知性と思考が豊かになり、身体機能も発達していきます。
    幼稚園は、この幼児の成長・発達に必要な総合的な環境と遊び(活動)を計画し、準備し、援助します。そして、一人一人の成長を促し、確かなものにしていくのです。